先進墓石工法と実用新案

先進の墓石工法と弛みない技術革新。
全てはお墓をつくるお客様のために。

どこまでもお客様の安心の為に、弛まぬ技術革新を。

和田石材ではお墓が倒れたり、汚れたりするトラブルを防止するため、耐震工法等の抜本的な新工法の開発から、現場作業レベルでの小さな改善の積み重ねまで、弛まぬ技術革新に努めております。
日々の試行錯誤の中からお客様のお墓を長期間に渡り守るために生まれた耐震工法や、シミ・サビなどの発生を防止する先進の墓石工法の併用を基本とした墓石設計を行います。

豊富な経験と実績をもとに日々の試行錯誤の中から独自に開発した、「耐震ユニット式工法」は業界最先端の施工技術です。 
小さな墓石から大きな墓石まで、また寒冷地や軟弱地にも最適な施工方法です。
石塔や灯篭など重心が高くなる部材には「免震構造」。
お墓土台となる基礎や外柵には「耐震構造」を基本とした設計・施工をしております。

経験と実績によって裏付けられた最高級の施工クオリティ・施工ノウハウでご満足いく墓石・お墓を、あらゆるコスト削減努力によるリーズナブルな価格でご提供させて頂いております。

お墓づくりは家づくりと異なり、設計や工法に建築基準法のような法的規制がない為、作業のあらゆる工程において、請け負った墓石会社や石材店はもちろん、実際の業務に従事する設計者や職人レベルにおいて大きな品質の違いが生まれてしまいます。
また、明確な価格基準が存在せず、高品質な施工や墓石を提供する業者の方が価格が安いという逆転現象も発生しています。

当社の明瞭適正価格についての考え方はこちら

和田石材は、優れたデザインを強固な設計・施工技術で支えることで、お客様が求めるお墓の理想をカタチにしていきます。

耐震ユニット式工法

小さなお墓から大きなお墓まで、根石、階段石、親柱、納骨堂(カロート)など全ての石材にかかる土圧や天災から石を守る工法です。基礎と石塔、外柵などのお墓全体を、ひとつの区画として基礎工事から建造することで、強固な耐震性を発揮します。
現場状況によっては、自社工場内にて配筋や型枠など各部ユニットを組み上げますので、ミリ単位の極めて高い精度で、無駄のない美しく高品質な基礎工事の打設を行います。

ユニット建造例

ユニット建造例

自社工場製造 下部ユニット

自社工場製造 上部ユニット

エアサイクル工法

墓石は、外気に長時間さらされ、湿気等により、経年劣化していきます。
納骨堂の左右区画に、砕石を充填させる従来の墓の工法では、砕石から湿気が発生し、シミやサビ、白華(エフロ)現象を誘発しお墓を劣化させてしまいます。
そこで、外柵内部を空洞にし、納骨堂の左右側面からも換気できるよう納骨堂の左右にも換気空間及び換気孔を設け、効率よく納骨堂内部の換気を行い、湿気で墓石が劣化することを防ぐお墓を提供しています。

エアサイクル ユニット部

エアサイクル 施工例

エアサイクル 施工例

エアサイクル 施工例

シミや錆、エフロ、お墓のズレなどが発生しません

下の写真は平成14年に外柵に同じ石623を用いて建立いたしました。(写真撮影平成18年)
623という石は、吸水率が高く、変色しやすい石ですが、当社が建立した石(右側)は、長時間経過しても、納品時とほぼ同じ状態を保っています。
その理由は当社の最新墓石工法にあります。
(左右とも当社で施工したお墓です。 左側「従来の工法」右側「当社最新墓石工法」)
従来工法では平成24年には外柵の目地が切れ、石はズレてきました。
シミや錆は、お墓の内部に埋め戻しした土(砕石)が、雨などによる水分を石材が吸収することが発生原因となります。
また、白華(エフロ) 現象が表出する原因は、モルタル中の水酸化カルシウム が、お墓に浸入した雨水などに溶けて目地やクラックからにじみ出し、空気中の炭酸ガスと反応して炭酸カルシウムとなることです。
当社の最新施工は外柵(御影石)にシミ、ヒビなどの発生を防止し、凍結による目地切れや白華(エフロ) 現象の発生は致しません。また、施工時にミリ単位での極めて高い精度にてベースの基礎を打設し、調整用のモルタルを使用しない為、エフロ現象は発生致しません。

外柵モノコック工法

外柵内部に鉄筋コンクリートを立ち上げ、その周りに石を据付ける施工で石と基礎を一体化。様々なお墓のトラブルを防止します。
一般的なお墓の工法では、納骨堂の左右区画に、土や砕石を埋め戻しますが、そうすると、土や砕石から水分染み出て外柵の石表面に、シミやサビを発生させる原因となります。また、石と石の接着にモルタルを使用している場合、湿気によってエフロ(白華)現象を誘発しやすくなり、石表面が綺麗に保てなります。
外柵の内部に、土や砕石を埋め戻さないことによって、土圧による外柵のズレや凍結による砕石の膨張を防ぎます。また、湿気で外柵や墓石表面が黒ずむことを防ぐことにより、強度が強く、墓石表面を綺麗に保つことで長期に渡り美観を維持できる耐久性の高いお墓となります。
さらに従来工法では、土圧や凍結の膨張からお墓を守る為に、ステンレス金具を補強として多用しますが、本工法の墓は、外柵の内部に土や砕石を埋め戻ししないため、補強金具が不要となります。補強金具を使用しないことは、石に不自然な負荷を与えないだけでなく、建立時の工程を簡素にしコスト削減にも繋がります。また、建立後、部材が一部破損したりした際の修理やメンテナンスも容易に行うことが可能です。

基礎部分に石を据え付けていきます

墓石接合状況

基礎部分

墓石接合状況

墓石接合状況

ミリ単位での高い施工技術が当工法を可能にします

墓石施工の品質を守る取り組み

実用新案登録

安易な模倣を防ぎ墓石施工の品質を守る取り組みの一環として、和田石材では、長年の経験と実績から生み出された上記の墓石先進工法をまとめ、平成27年9月に特許庁へ実用新案登録いたしました。

【書類名】    実用新案登録願
【あて先】    特許庁長官殿
【国際特許分類】 E04H 13/00
【考案者】
【住所又は居所】 群馬県高崎市三ッ寺町59-1
【氏名】     和田 秋人
【実用新案登録出願人】
【住所又は居所】 群馬県高崎市三ッ寺町59-1
【氏名又は名称】 株式会社 和田石材

また、墓石商品の各種デザインについても意匠登録を進めています。

お客様の未来を守る配慮
先進の墓石工法と実用新案登録